数秘ホロスコープで幸せ紐解きます⭐️4人の子供の宇宙人ママ

7ー33ー11の数秘を持つ4人のママ。数秘ホロスコープやってます

大学時代の女王様

あたしは、団体行動が苦手で大嫌いです。みんなと同じように行動して、つるんだりするのが。

だけど、人をあっと驚かせたり、ワイワイおしゃべりするのは好き。


学生時代に、なんで女の子同士で連れ添ってトイレに行くのか不思議でならなかった。

だからなのかな。

高校、大学時代、柔道部に入ったのも(笑)

男ばかりなので気にせず女同士の上下関係も関わることもせず、楽だった〜。
そして、いつもあたしが中心になって、やってもらってばかりだった。


「今日は、かき氷食べたいから行くぞー」
「新しいお店できたから、連れてってー」
「明日の提出しないといけない宿題が分からないから書いて」
「家の電気が壊れたから直しに来て」


これ、柔道部の仲間や後輩にあたしがフツーに言ってて、やってもらってたこと。思い出したらもっとあると思う。

めっちゃワガママで迷惑この上ない女(笑)

それでも、仲間も後輩も、みんな愛してたし、愛してくれてた。

卒業する時は、あたしの思い出新聞まで作ってくれたり。

天然でわけわからなくて、いつも猛突進するあたしを優しく、笑って見てくれてた仲間や後輩。

はい、女王様でした。

そして、メチャ男の子や女の子に、もててました(笑)

だけど、好きになったらすぐに振られる(笑)

大学4年生くらいの頃から、こんなワガママなあたしはダメだわって思い始めて。

おまけに、母親にも、あんたみたいにフラフラしてる人は、結婚したらご家族と同居して、しっかりした生活を送らないといけないっていう言葉の通りに20代後半から今まで生きてきた。

まあ、その途中で家飛び出したりしたのも、やっぱりあたしが中心にかき乱してた(笑)

でも、今思うと、台風のようにかき乱しても、そんなあたしを受け入れてくれる家族がいてくれたこと。

家族が受け入れてくれたことさえも受け取り拒否していた。味方までも敵に見えていた。

でも、ほんとは家族もみんなも優しかった。

あまりに役割に縛られすぎて、本当の真実が、見えなくなってたんだよね。

数秘が、7ー33ー11のあたしは、やっぱり、1人でいることが好きで、縛られないで無邪気に楽しく自由に動き回ることが、あたしの本質だとわかっていながらも、周りの環境や他人の目に縛られすぎてた。


心屋仁之助さんの
「ゲスな女が愛される」を改めて読んでたら、これ、大学時代のあたしやわって(笑)

仲間のみんなには、こんなことばかりしてたよー(;_;)
でも、実際、愛されてた。

でも恋愛で大好きな人ほど、迷惑かけられないとか、ワガママ言えないとかあった。
だから、好きになると、無邪気でワガママなあたしが消えていって、振られることの方が多かった。

夫があたしを分かってくれないとか、夫がすぐに怒るとかは、無邪気で天然なあたしを出してないからで、彼は鏡となって映し出してくれたね〜。

もっと、これからはお互いに惚れるやろな(笑)

f:id:dakamasa:20160323094315j:image