数秘ホロスコープで幸せ紐解きます⭐️4人の子供の宇宙人ママ

7ー33ー11の数秘を持つ4人のママ。数秘ホロスコープやってます

5年前からの変容期を経て

自分は、ここまでしかできない。

自分はこの立場になれない。

そう決めたのは、誰ですか?

誰でもない自分。

枠を作ったのも枠を取り払うのも自分。

今までも、ここまでしかできないって考えずに、見たことない自分を見てきたし、やってきた。

2012年の変容期を経て、今のあたしは現実がものすごく変わっている^_^

2010年から人生が変わり始めた。そして、ホロスコープから眺めてみた。

2010年7月1日。

突然、過呼吸になり救急へ。心療内科を受診する。それでも仕事も2週間しか休まなかった。

そのころのホロスコープでは、プログレスの太陽が牡牛座の30度の度数に来ていた。
トランジットの天王星木星がほぼコンジャクションで、ノードにトラインのアスペクト。

そして、2012年8月。

とうとう、暴れて夫を説得して飛び出るかのように一人暮らしを始めた。

その時に12年間勤めていた会社も辞めて、1からのスタート。

そのころは、もうすごい(笑)アスペクトが(笑)わけわからん(笑)

トランジットの冥王星がネイタルの冥王星木星にスクエア。
トランジットの天王星までもが、ネイタルの木星の上に乗っかり、冥王星オポジション

もともと、あたしは冥王星木星オポジションアスペクトの人なのだ。

おまけに、トランジット海王星もネイタルの火星の上に。
トランジット火星もネイタルの天王星の真上に。

この時は、全てを全リセットだった。ホロスコープからも、よーくわかる。

2014年4月。

また、夫の実家に戻り、家族みんなで暮らす。

2014年12月。

4人目がお腹にきた。ちょうど、1ヶ月前の10月24日にビーナススターポイントといってネイタル天王星の真上にトランジットの太陽金星が合の日蝕があった。その1カ月後に受胎した。


あたしは、蠍座天王星なのでそこでの日蝕であり、受胎しやすい日だと、後々、わかった。

今まで、家を飛び出すとか、家族と再びやり直して向き合うとか、考えられなかったけども、宇宙はその都度、鎧を取り払うために投げかけてくれた。

その時その時でしんどかったりしたけども、今思うと、そこまでしないとあたしは生まれ変われなかった。

いまだに、いい子ちゃんは出てくるけども、自分を苦しめたり、責めたりすることは少なくなった。

そうして、今、たくさんのエネルギーを使ってきたこの5年間の身体を休めるために、赤ちゃんが来てくれたことが今よーく分かるのだ。


心の中の葛藤や想いが、全て目に見える現実ならば…今は

仕事も組織に入っていて、拘束されてた時間がないこと。

子供らの春休みも、常にあたしが家にいること。

赤ちゃんを、産みたいなって思ってたら10年ぶりに赤ちゃんが来てくれたこと。

地域で強制的にやらされていたと思っていたことを全くやらなくなったこと。

時間や環境に振り回されなくなったこと。


5年前とは全然変わっている。


そして、今やりたいことは、

アンティークや居心地いいサロンのような空間作り。

自分の伝えたいことを伝える場や聴いてもらうこと。それは、富山県だけではなく、全国にも行きたい。


ホロスコープでは、未来も予測できるけども、決め付けたくないのだ。

自分の枠や役割は、全て自分で作れるし、自分らしく生きていくためのホロスコープでもあるから。