数秘ホロスコープで幸せ紐解きます⭐️4人の子供の宇宙人ママ

7ー33ー11の数秘を持つ4人のママ。数秘ホロスコープやってます

数秘のチャレンジナンバーについて〜1から5〜

それぞれに、チャレンジナンバーにくる数字が、意図しているものって、小さな頃の苦手なものでもあるので、ここを見ていこうと思います。


だって、苦手だから、チャレンジしていくことを決めてきているからね。


チャレンジナンバーの出し方は、


誕生日の月➕日になる。

例えば、あたしは、

4月16日生まれなので

4➕1➕6=11

ここで、11になる人は、11で見ていくことになる。

他にも、

11月29日生まれなら、


1➕1➕2➕9=13

それをまた、一桁になるまで足すと、

1➕3=4


チャレンジナンバーが4になる。


チャレンジナンバー

⭐︎1

1は、父親の数字でもあるので、お父さんの関係性の中で傷ついている。
リーダーシップ、統率、自分で決めることが苦手。
反対の9が出てくるときは、1の自分で決めることができず、周りを見て周りに合わせて自分の意思を委ねる。
人の後ろに下がって目立たないように自分を偽る。
だからこそ、自分の意思で決めて動きリーダーシップを発揮していく。


⭐︎2、11

2も11も、母親の数字でもあるので、お母さんとの関係性の中で傷ついている。
2は、受容、癒し、陰と陽、繊細で傷つきやすいことを表に出すのが苦手。
反対の8が出てくるときは、支配する支配されるゲームに翻弄されてしまう。
表現して誰かを傷つけるのではないかという気持ちが強く、相手の気持ちを汲んで表現する。
11は、特にインスピレーションや直感を信じられない。
だからこそ、人の気持ちがわかるカウンセラーなどで自分と相手を癒しへ導く。


⭐︎3

3は、子供の数字でもあるので、自分が幼いこと、何も知らない、恥を掻くことへの傷がある。
3は、かわいさ、感覚で動く、楽しむことが苦手。
反対の7が出てくるときは、知識をとにかく詰め込みすぎてしまったり、子供のような無邪気さを出さずに、喜怒哀楽のない仮面のような自分になってしまう。
だからこそ、人生を楽しんで生きていくことを自分に許可してあげて、楽しんで生きていっていいことを示していく。


⭐︎4

4は、コツコツつみあげていく、建物、現実的なもの、形にする、建設的に動くことが苦手。
反対の5が出てくるときは、形にする前にあれこれと手をつけて、完成させることができない。
過剰に、しなければいけないと自分に課すことが多くなり息苦しくなってしまう。
だからこそ、目に見える形で、みんなへ見せていくことが自分を癒すことにもつながる。
例えば、アーティストや芸術などの分野で表現していく。


⭐︎5

5は、冒険、チャレンジ、フットワーク軽く動くことが苦手。
反対の4が出てくるときは、あまりに形やしがらみにこだわりすぎて、自分を枠にはめてしまい、身動きできない。
新しい世界へ行くことの怖さから、ドラッグやお酒などに依存しがちな傾向になる。
だからこそ、自分の枠を取っ払って新しい世界へ冒険することを許すと、世界をまたにかけるくらいの可能性がある。


6から9については、またブログで!